かみくせ

人や物に噛んだり、かじってしまう…
このようなワンちやんかみくせでお困りではありませんか?
犬にとってかみくせであるかじることは本能的なもので、当然の行為です。特に3歳未満ならそういった欲求は強いものです。

 

 

室内飼いの場合、部屋にあるスリッパのかみくせがあったり、家具をかじつたりすることも多いものです。
また、外で飼っているワンちゃならん庭木などをかじって欲求を解消しようとして破壊してしまうこともあるでしょう。

 

 

とは言え、かみくせを放っておくと生活に支障がでたり、大切なワンちゃんを危険にさらすことにもなりかねません。

 

 

実際に電気のコンセントをかじって感電したり、プラスチックのケースをかじって破片を飲みこみ肛門を切ったり、ゴルフボールやスーパーボールをかじろうとして飲みこんで窒息死した犬など、このような事故は多いものです。

 

 

その為、これを踏まえてしつけの対策を考えることが必要です。
そして、まずやることは、犬のかじつたりする欲求を満たしておくことが大切です。
犬の身の回りに、おもちゃなどのかじっていいものを常に置いておくようにすると良いでしょう。

 

 

例えば、かじりごたえのあるガムやおやつを中に詰め込んで遊ばせるコングは長時間に渡って楽しめるものです。また、デンタルコットンは、遊んでいるうちに歯も綺麗になります。

 

 

もちろん、手作りでも構いません。靴下の中にテニスボールを入れて紐で縛ったものやぬいぐるみなど、わんちゃんが喜ぶものなら何でも構いません。ですが、飲みこんでしまう大きさの物やプラスチックなど飲みこんで危険なものがついている物は避けましょう。

 

 

そして、それと並行して犬がかじりたがるものは、届かない場所に管理しましょう。
また、大きいものなど管理できないいこともあり、犬の嫌がるスプレーなどで予防することもできますが、常に塗っておかないと効果がなく、塗り忘れると余計に執着してかじるようになります。

 

 

ただ、この時にむやみに叱ると、犬は構われると思い、余計にかみくせがつよくなることもあります。
また、力づくでかじっているものをとろうとして、出すことが出来れば問題なありませんが、守りたがる犬の場合は、怪我もしかねません。

 

 

食べもので、気をそらす方法などもありますが、やりすぎると食べ物欲しさにかじるようになるのであまり良いとは言えません。
いずれにしても、一番いいのは予防をすることですが、犬のかじったりすることは、健康に育っているということでもあるので、少しのことは大目にみて犬の健康を第一に考えて、しつけをしていく必要があるでしょう。

 

 

あらゆる問題行動に対応!1日で良い子にする世界最先端の方法

 

「愛の家庭犬しつけ法」DVDの詳細を見てみる