問題行動をしつけで直す

現在のペットブームで、犬に関する情報はインターネットを始め溢れ返っています。どれを信じていいのか、犬のしつけは何から始めればいいのか、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか?
ここでは、そんな愛犬の問題行動をどのようにしてしつけで直すのかについて見ていきます。

問題行動をしつけで直す記事一覧

人や物に噛んだり、かじってしまう…このようなワンちやんかみくせでお困りではありませんか?犬にとってかみくせであるかじることは本能的なもので、当然の行為です。特に3歳未満ならそういった欲求は強いものです。室内飼いの場合、部屋にあるスリッパのかみくせがあったり、家具をかじつたりすることも多いものです。また、外で飼っているワンちゃならん庭木などをかじって欲求を解消しようとして破壊してしまうこともあるでし...

犬のトイレのしつけが上手く出来ていますか?トイレ以外の場所でしてしまう、興奮するとしてしまう「うれション」など、室内で一緒に暮らすなら、一番に出来るようになってほしいのが、トイレの問題ではないでしょうか?ですが、なかなかうまく出来ずに、困っている人も多いものです。犬が違った場所ですると、つい叱ってしまいますが、犬は決められたトイレ以外で排泄することがいけないことだと思っていません。その為、トイレ以...

愛犬の吠えて困る咆哮問題でお困りではありませんか?咆哮問題は、人里離れた田舎ではあまり問題とされませんが、都会生活では隣家が近いこともあり相当な重要な問題になりますね。犬は、吠え声、うなり声、悲鳴などの色々な声を出し、自分の意志や感情を伝えます。そして、吠える理由にはいくつか考えられますが、代表的なものには「要求」と「不安」咆哮があります。要求咆哮は、犬が自分の意思を通そうとして吠えるもので、様々...

体罰は危険な犬を作ることをご存じですか?以前の犬のしつけ・訓練と言うと、叩かなければ言うことをきかないということが当たり前のように言われていた頃もありましたね。そして、少し前までは首輪で息が詰まるほどつるし上げたり、棒でたたくなどの訓練が横行していました。これは今でもそのような間違った方法で犬のしつけや訓練をしている訓練士がいるでしょう。しかし、現在は犬の行動学の進歩から体罰には悪い方へ変化するこ...

子犬のしつけ方でお悩みではありませんか?いつからしつけをすればいいのか?おやつは?噛み癖がなおらないなど、悩める飼い主さんも多いことでしょう。生後6〜12週は犬の性格が形造られるので、この時期に出会った経験が、その後の犬の性格に影響を及ぼします。その為、出来るだけ多くの人に会せたりすることが大切です。友人や近所の子供などに会わせてコミュニケーションをとることで、豊かな感情が子犬に育まれてくるんです...

室内犬は、ハウスのしつけを子犬の頃にしっかりしておくと良いですね。何故なら、いつもハウスにいることを覚えた犬は、無駄吠えもしなくなり、お留守番もトイレも上手に出来るようになるからです。そして、ハウスの声で犬が自発的に入るようにしつけをしましょう。その為には、ハウスに入ると、良いことがあると犬に思わせることがしつけのコツなので、はじめはエサなどを使って自分からハウスにすすんで入りたくなるようにしつけ...

犬にしつけを教える時や、いたずらをした時にすぐに叱りつけていませんか?飼い主がして欲しくない行動を犬がとった時に、叱っているだけでは効果がありません。当然、叱る時に叩いたりして体罰を与えるのはもってのほかです。何故なら、体罰をすることで人の手が怖くなったり、人を信頼できない犬になってしまうからです。したがって、まずはいたずらされて困るものは、犬が届かない高い場所に片づけたり、噛んだりして傷けられた...